English

Chinese

Korean

6. 日常生活(1/2)

郵便・宅配

郵便

郵便局は郵便業務だけでなく、さまざまな金融業務や保険業務も扱っています。
切手は「〒」マークのあるコンビニエンス・ストアなどでも購入できます。

国内郵便

http://www.post.japanpost.jp/question/contact_us/index2.html(日本語のみ)

国際郵便

http://www.post.japanpost.jp/int/index.html(日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語)

日本郵便(お客様サービス相談センター)

Tel. 0120-5931-55
(平日)8:00~22:00 / (土・日・祝日)9:00~22:00
http://www.post.japanpost.jp/int/question/tel.html

金融業務

ゆうちょ銀行

口座を開設すれば、ゆうちょ銀行のATMで公共料金の自動引き落としが可能です。

Tel. 0120-108420(日本語のみ)
(平日)8:30~21:00 / (土・日・祝日)9:00~17:00
http://www.jp-bank.japanpost.jp

宅配

国内宅配便

このサービスは小さな小包や荷物を日本国内で送るのに便利です。時として郵便局で送るよりも安く、通常はたいてい1日で先方に届きます。殆どの会社は旅行前後の空港-自宅間のスーツケースや、冷凍や冷蔵の荷物も配達します。

主な宅配会社は次の通りです。

問い合わせ先
ヤマト宅急便 Tel.0120-01-9625(日本語のみ) 8:00~21:00
http://www.kuronekoyamato.co.jp/c/index.html
ゆうパック(お客様サービス相談センター) Tel.0120-23-28-86
(月-金)8:00~22:00 / (土・日・祝)9:00~22:00
http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/index.html(日本語のみ)
佐川急便 Tel.0120-18-9595(グローバルコールセンター)
(月-金)9:00~19:00 / (土)9:00~18:00
http://www.sagawa-exp.co.jp/service/

国際配達サービス

国際配達サービスの会社は海外へ迅速な配達サービスをしており、荷物が目的地に着くまで責任を持ってくれます。

主な国際配達サービス会社は次の通りです。

問い合わせ先
DHL ジャパン Tel.0120-39-2580
(月-木)8:00~19:00 / (金、祝前日)8:00~20:00 / (土・祝日)8:30~14:00
http://www.dhl.co.jp/ja.html
Federal Express(フェデックス) Tel.0120-003200
(月-金)8:00~20:00 / (土)8:30~17:30 / (祝日)9:00~18:00
http://www.fedex.com/jp/
OCS Tel.0120-627-012
(月-木)8:30~19:00 / (金・祝前日)8:30~20:00 / (土)9:00~16:00
http://www.ocs.co.jp
UPSジャパン Tel.0120-27-1040
(月-金)9:00~18:30
http://www.ups.com/asia/jp/jpindex.html

交通

電車・地下鉄・モノレール・バス

関西には多数の交通網が普及しています。同じ経路を頻繁に利用する場合は、回数券や定期券を購入すれば割安になります。(留学生は学割情報も調べてみて下さい。)

また、近距離の各交通機関を利用する際は、それぞれから発行されているプリペイドカードを利用すれば便利です。中には多くの鉄道や路線バスで共通利用できるだけでなく、財布に入れたまま読み取り機にタッチするだけで利用でき、電子マネー機能も備えています。

≪電車・地下鉄・モノレール≫

関西広域鉄道網

上記は主要電鉄や主要駅の役立つ情報が掲載されている、の大阪観光コンベンション協会により作成された大変便利なサイトです。

主な鉄道会社のリストは以下のとおりです。

大阪市交通局の大阪市営地下鉄・ニュートラム路線図

≪バス≫

 

≪PitaPa≫

PitaPaカードは関西の多くの電車やバスで利用できるポストペイ式のカードです。カードを利用すると毎月、指定先の銀行口座から引き落とされるシステムです。
http://www.pitapa.com (日本語のみ)

≪学割制度≫

定期券

鉄道、地下鉄、バスなどの交通機関では通学定期と通勤定期の2 種類の定期券を発行しています。学部学生及び大学院学生は通学定期券を購入できますが、研究生や聴講生など非正規課程の学生は通勤定期券になります。(利用の頻度によっては、通勤定期券より回数券のほうが安いことがあります。)
詳細は各交通機関のホームページでご確認下さい。

学生割引乗車券

JR に片道100km を超えて乗車する場合、大学が発行する学割証を提示すると、運賃が2 割引きになります。但し、学部学生と大学院学生のみに適用されます。1年間に発行してもらえる学割証は10枚までとなっています。

タクシー

駅や公共施設にタクシースタンドで見つけることができます。また、路上で拾うこともできます。あるいはタクシー会社に電話をしてピックアップを頼むこともできます。(←通常追加料金が発生します。)

乗客側の扉は自動開閉です。殆どのタクシードライバーは外国語を話しませんので、目的地を日本語で明記した住所や地図をドライバーに渡すことをお勧めします。 タクシー料金は各都市・車のサイズによって異なります。深夜と早朝には割増料金がかかります。料金は時間距離併用制をとっています。チップは必要ありません。

次の表はあるタクシー会社の大阪府内の基本料金の計算方法とおおよその見積料金です。すべての情報は変更される可能性がありますので、あくまでも参考資料としてお使い下さい。

大阪府
初乗り ¥680/2km
加算(距離毎) ¥80/266m
加算(時間毎):時速10km以下の場合 ¥80/1分40秒
貸切 ¥2,450/30分
割増(深夜・早朝) 20% (23:00-5:00)
大阪梅田から主要目的地へ
大阪[伊丹]空港 40分 ¥5,200
関西国際空港 60分 ¥17,000
新大阪駅 15分 ¥1,800
茨木市駅 35分 ¥6,200
千里山駅 25分 ¥3,300
千里中央駅 45分 ¥4,500
豊中駅 35分 ¥3,500
池田駅 45分 ¥5,500
箕面駅 30分 ¥5,000

航空路

航空便は国内の主要都市を頻繁に往復しています。大阪地域には三つの空港があります。関西国際空港(略して「関空」)、大阪(伊丹)空港、神戸空港です。

航空券は通常2ヶ月前から購入できます。予約は電話かインターネットで可能で旅行代理店でも購入できます。関西で運航している主な国内線航空会社は以下の通りです。

全日空 (ANA) 0570-029-222 http://www.ana.co.jp
日本航空 (JAL) 0570-025-071 http://www.jal.co.jp
IBEX エアー 0120-686-009 http://www.ibexair.co.jp
スカイマークエアライン 050-3116-7370 http://www.skymark.co.jp/ja/
Peach 0570-200-489 http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx

運転免許、自動車、バイク、自転車

≪運転免許≫

日本で自動車を運転するには3つの方法があります。

国際免許証

日本で有効な国際免許証は、ジュネーブ条約の加盟国が発行したものです。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai04.html

国際免許証はその有効期間内または入国した日から1年間のどちらか短い方の期間で有効です。この期間以上運転するときは、外国の免許証を日本の免許証に切り替えることが必要です。

外国の免許証

  イタリア、スイス、ドイツ、フランス、ベルギー、台湾が発行する有効な免許証を持っている場合は日本語の翻訳文を添付すれば、国際免許証がなくても入国後1年間運転できます。

外国の免許証から日本の免許証への切り替え

有効な外国の免許証を持っていて、免許証を取った後その国に3ヵ月以上滞在していた方は最寄りの運転免許試験場で、日本の免許証への切り替えを申請することができます。主な必要書類は以下のとおりですが、詳細は試験場に確認して下さい。

≪問い合わせ先≫

≪自動車購入≫

*本学では、学生の自動車、オートバイでの構内乗り入れを原則として禁止しています*

車を購入するには、自動車の保管場所(駐車場)を確保し、保管場所を管轄する警察署長から自動車の保管場所の証明を発行してもらう必要があります。駐車場は確保が困難で費用が高くかかります。自動車販売業者の購入の場合、販売価格、税金、車のナンバープレート、強制自責賠償保険の費用を支払います。任意保険の加入を強くお勧めします。また、納税、車検の義務があります。

≪バイク、自転車≫

登録
運転のルール

自転車とバイクの運転ルールは自動車と同様です。自転車は車道の左端を一列で走ります。ただし、自転車が通行できる標識のある歩道や自転車専用の道路は通行できます。

放置禁止区域

多くの駅周辺には、有料自転車駐車場があります。詳しくは各管理事務所にお問合せください。自転車等放置禁止区域内の放置自転車等は即時撤去されます。引取りの際には、身分証明書と撤去保管費用の支払いが必要となります。


5. 交流プログラム・支援制度 « » 6. 日常生活(2/2)
« 一覧へ戻る

サポートオフィス

吹田キャンパス:
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
Tel:06-6879-4750(在留資格関係)
       06-6879-4748(宿舎関係)
E-mail:

INTERNATIONAL PROGRAMS: Osaka University - Global 30

大阪大学

本サイトに記載されている情報は、予告なく変更される場合があります。
情報利用により生じた不都合について一切責任を負いません。