English

Chinese

Korean

1. 査証(ビザ)と在留資格認定証明書(CESR)について

査証(ビザ)とは

 日本に上陸しようとする外国人は,原則として有効な旅券(パスポート)を所持していることのほかに,所持する旅券(パスポート)に日本大使館または総領事館等で査証(ビザ)を取得していなければなりません。
 査証(ビザ)は,その外国人の所持する旅券(パスポート)が有効なものであることを「確認」するとともに,当該外国人の日本への入国及び在留が査証(ビザ)に記載されている条件の下において適当であるとの「推薦」の性質を持っています。
 なお,日本の査証(ビザ)を発給することは外務省の所掌事務となっています。

在留資格認定証明書(CESR)とは

 日本に入国を希望する外国人または外国人を受け入れる日本の機関が、入国管理局へ必要書類を提出し、事前に、法務大臣による在留資格の認定を受けて受領する証明書です。査証発給申請の際、また、日本の空港等における上陸審査の際、この証明書を提出することで、審査が円滑になります。在留資格認定証明書(CESR)は発行されてから3ヶ月間有効です。
 短期滞在査証の申請には、在留資格認定証明書(CESR)は必要ありません。

査証(ビザ)の種類について

チャート図

在留資格認定証明書が不要な査証

『短期滞在』…滞在期間が90日以内の留学生 / 報酬が発生しない滞在期間が90日以内の研究者

短期滞在ビザについて
大阪大学から報酬、給与が出ない研究者、また留学生・研究生で、日本での滞在期間が90日以内の者は、日本大使館または領事館に申請に必要な書類を持参し、『短期滞在』のVISAを申請します。受入機関である大阪大学からの書類も必要ですので、大阪大学の担当者に短期滞在査証申請に必要な書類の送付を依頼してください。

【参照:外務省HP】

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/

また、滞在期間が90日以内であれば査証免除されている国もあります。その場合は、事前に『短期滞在』の査証(ビザ)を取得する必要はなく、日本に上陸する際に、『短期滞在』の在留資格が与えられます。

査証免除措置国については下記外務省HPにて確認してください。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

上陸許可の際に付与される在留期間は「15日」、「30日」、「90日」のうち外国人の行おうとする活動をカバーするもので最も短い期間となります。(ブルネイとタイは「15日」のみ)
6か月以内の滞在が査証免除で認められている国・地域人で、90日を超えて滞在する場合には、地方入国管理局において在留期間更新の手続きを行う必要があります。

在留資格認定証明書が必要な査証の種類

『教授』…大阪大学からの報酬が発生する研究者/日本学術振興会(JSPS)等、日本の機関から、高額の滞在費が支給される予定の研究者
『文化活動』…滞在期間が90日を超える、報酬の発生しない研究者
『留学』…滞在期間が90日を超える留学生
『家族滞在』…滞在期間が90日を超える留学生・研究者の家族(配偶者・子)


  » 2. 在留資格認定証明書(CESR)取得手続きについて
« 一覧へ戻る

サポートオフィス

吹田キャンパス:
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
Tel:06-6879-4750(在留資格関係)
       06-6879-4748(宿舎関係)
E-mail:

INTERNATIONAL PROGRAMS: Osaka University - Global 30

大阪大学

本サイトに記載されている情報は、予告なく変更される場合があります。
情報利用により生じた不都合について一切責任を負いません。